医療現場によって異なる忙しさ

看護師になるとどこで働いていても激務をこなさなければならないというわけではありません。どの職場でも忙しさがあるのは確かですが、職場の種類によってその性質には違いがあります。全ての職場で看護師全員が忙殺されているというわけではないので、無理なく働こうと考えたら職場をよく考えれば解決可能です。職場を選び間違えてしまった人が転職する理由として大きいのは、職場ごとの忙しさの違いについてよく理解していないからと言えるでしょう。

例えば病床がある病院では勤務時間が長くなりがちであり、夜勤もあるのが特徴です。一方、クリニックでは夜勤はなく、残業もあまりない傾向にあります。しかし、看護師の人数が少なくて担わなければならない仕事の種類が多くなり、責任も重大になりやすいのが特徴と言えます。一般的には残業も少なくて夜勤もないクリニックの方が無理なく働けると考えられるでしょう。しかし、重圧を気にする人にとってはクリニックの方が激務となるかもしれません。職場によって独特の忙しさや職務の負担があるため、現場の種類による違いは理解しておく必要があるでしょう。

どんな仕事をしていきたいかと考えるのも大切ですが、激務事情の違いを理解して職場の種類を選んでおくと無理がなくなって働きやすいのは確かです。予めその点も考慮した上で就職先を決めておけば長く続けられる確率も上がるでしょう。
※看護師の激務事情がまとめられたサイト→〔http://kangoshi-gekimu.com